がん保険にあらかじめ加入しがんに備える

がん保険にあらかじめ加入しがんに備える

悪性腫瘍であるがんは、三大疾病の一つであり、現代社会においては死亡原因のトップに位置する病です。
我々は、常にがんを発症する恐れにさらされています。がんと向き合い、闘うために、がん保険に加入しておくことは必須であるといえます。

がん保険とは、どういった保険なのでしょう。
がんの治療に対して保障が大きく絞られたがん保険は、もしもの場合に安心して治療が受けられるような特典が設けられています。がんという診断が下された時に、一時金として診断給付金が支払われ、入院給付金は限度がなく、回を重ねても日数が長くても随時支払われるようになっています。
一般的な医療保険では、こうした保障は確約されていません。様々な病気に対応した医療保険なら、がん以外の病気や怪我の場合に役立ちますが、がんの場合、他の病気と違って大変高額な治療費や、負担の大きな生活の変化が見込まれます。

こうした不安に備えるために、がん保険には様々な特典が設けられているわけです。
がん治療に対するきめ細かい保障は、医療保険では賄いきれない内容を約束してくれます。

がんと診断されてからではなく、いざという時のためにがん保険に加入しておくことを推奨します。というのも、がん保険は契約してから90日経過後に保障がスタートするからです。90日以内にがんと診断された場合には契約が無効となるので、この点を留意しておくべきでしょう。

最新情報

  • がん保険にあらかじめ加入しがんに備えるのホームページを更新しました

    2016年06月02日

    ホームページを更新しました。